JEAN-PAUL HÉVIN JAPON ジャン=ポール・エヴァン

ジャン=ポール・エヴァンの世界

トップページ > ジャン=ポール・エヴァン ブランドについて

ジャン=ポール・エヴァン ブランドについて

センスと洗練

シンプルで清潔感あふれるモダンなカウンター。温かみのあるダークな木をふんだんに使った内装。ジャン=ポール・エヴァンのブティックには彼の卓越したセンスがあますことなく発揮され、エレガントで心地よい雰囲気が漂っています。そこに一歩足を踏み入れると、上品さと快適さが作り出すモダンな雰囲気に包まれます。これがまさにジャン=ポール・エヴァンの世界なのです。

フランスのショコラガイドブック「Guide des Croqueurs de Chocolat」には次のように紹介されています:‘この「カカオ豆の崇拝者」の手にかかると、ショコラはその完成度の高い苦みによって完璧主義者の舌を満足させ、また予想外の味わいで、彼等の冒険心をもくすぐる'


「黒真珠」にもたとえられるジャン=ポール・エヴァンのショコラ。その深い味わいと品質の高さはいったいどうやって保たれているのでしょうか。
「その秘密はね・・」と彼は説明をはじめます。「絶えず吟味している原材料にあるんだ。」「香りや色はもちろんのこと、とりわけべネズエラ、エクアドル、コロンビアとマダガスカルで選別された「ファイン・カカオ(高級カカオ)」の豆がどこで生産されたかについては決して妥協しない。 僕の仕事はまず素材のテイスティング。テイスティングだけは絶対に人任せにしない。」エヴァンは、それぞれのショコラに隠されたいくつものフレーバーを探り当てるために、ショコラをテイスティングする独自の方法を編み出しました。


そして彼は、自分ならではのショコラを生み出してきたのです。
とびきりおいしくて、クオリティの高いジャン=ポール・エヴァンのショコラは、素材の絶妙なバランスとコントラストによって創り出されています。極上のカカオ、砂糖とバター・・。これらが凝縮され調和したエヴァンのショコラは、本物だけに許された、まさに洗練された味わいなのです。


香り立ちと新鮮さ

ジャン=ポール・エヴァンのブティックでは、ショコラの詰め合わせは、ショコラの新鮮さを極力保つため、毎朝準備されます。彼の芸術的センスが生み出したエクストラ・ノワールのガナッシュやプラリネ、ショコラ・レ・・お客様のご要望に合わせて、お好みのアソートをご用意することもできます。ボンボンショコラの種類は30種類以上。フルーツやスパイス、キャラメル、リキュールなど、さまざまなおいしさに出会うことができます。「それぞれのカカオと見事に調和し、そのカカオの持つ芳しい香りを最高に引き立てるフレーバーを注意深く選んでいる。僕は人があっと驚くようなものを創るのが好きなんです」


ショコラティエの作るガトーも格別な味わいです。
ピラミッド、カラカス、サフィやマルキーズは、口に入れた瞬間、たちまち天国にも上るような気分に包まれることでしょう。タブレットもバラエティ豊かです。木の香り漂うジャワ、やさしい味わいのトリニテ、甘美なエクアトゥルなど。この繊細なテイストこそ、エヴァンが今日パリで最も優れた、そして間違いなく世界最高のショコラティエの一人であると言われる所似です 。


ショコラのクオリティを十分に味わうためには、お買い上げから2週間以内にお召し上がりください。保存するときの適切な温度や湿度も大切です。ショコラを召し上がる前にはあらかじめ室温に戻しておくことも、おいしく味わうための秘訣です。エヴァンは断言します、「かげりがありながら暖かな色合い、箱を開けたとたんに漂う、純粋で魅惑的でデリケートな香り。
とりわけ香りでショコラの良否は決定づけられる。ショコラとは、またかじりたくなるような香りを発していなければならない!」