JEAN-PAUL HÉVIN JAPON ジャン=ポール・エヴァン

ジャン=ポール・エヴァンの世界

トップページ > アーティスト ショコラティエ - プロフィール

プロフィール

ショコラティエ ジャン=ポール・エヴァン ジャン=ポール・エヴァンがパティシエとしてキャリアをスタートしたのは、1975年のホテル インターコンチネンタルでした。 そして、1976年から1988年までホテル・ニッコー・ド・パリにおいて、ジョエル・ロブション氏の下で修行を重ねましたが、それはクリエイティブで発見の多い数年間でした。

幸運にもジャン=ポール・エヴァンは、日本に上陸してまだ数年しかたっていないフランスの有名なパティスリー「ペルティエ」に招かれ、1年半ほど東京でシェフ パティシエを務めました。 この恵まれた機会があったからこそ、しいては日本に最初のビジネス拠点を確立するチャンスとなり、日本はエヴァンにとって重要な拠点となり、また同時にお気に入りの国となりました。

センスあふれる審美眼を持ち、一流のパティシエでもあるエヴァンは、天性の研ぎ澄まされた味覚とゆるぎない感性に恵まれました。最高の食材、最高のワイン、最高のシガーなど本能的に察知して選んでいますが、彼の天職でもあるショコラの素材についても同様に、最高の素材を選び抜いています。1986年にフランスでMOF(最優秀職人章)を受章して以来、研究熱心で職人肌のエヴァンは、全ての時間をライフワークであるショコラ作りの試作と構想に費やし続けてきました。こうして、エヴァンのブティックで並べられているショコラは、宝石のように繊細で格別なものに出来上がったのです。

モット・ピケ店
モット・ピケ店
ヴァヴァン店
ヴァヴァン店
サントノレ店
サントノレ店

1988年に初店舗‘ル・プティ・ブレ’をパリ7区、アベニュー・ドゥ・ラ・モット・ピケ16番地にオープン。

1990年に2店舗目をパリ6区、リュ・ヴァヴァン3番地にオープン。

1997年、豊富な種類とバラエティを誇り、ショコラに捧げられたと言っても過言ではない3店舗目をパリ1区、リュ・サントノーレ 231番地にオープン。2階にはショコラのメニューが充実したサロン・ド・テがあります。

2002年6月には、店舗を拡大し、新しい世界を打ち出しました。‘ル・プティ・ブレ'はパリ7区のアベニュー・ドゥ・ラ・モット・ピケ 23番地ビスに移転しました。

ジャン=ポール・エヴァンの商品は日本に空輸されています。東京、大阪、広島、福岡、宮城、北海道の各都市のハイセンスで、美味しいものが立ち並ぶ一等地に出店しており、そこでは数々のショコラが並ぶカーヴとバーがあります。それは真のショコラティエの頂点と言えるでしょう。

写真:Quentin Bertoux

伊勢丹新宿本店
伊勢丹新宿本店
表参道ヒルズ店
表参道ヒルズ店
東京ミッドタウン店
東京ミッドタウン店
三越銀座店
三越銀座店
伊勢丹浦和店
伊勢丹浦和店
イセタン フードホール ルクア イーレ店
イセタン フードホール ルクア イーレ店
三越広島店
三越広島店
岩田屋本店
岩田屋本店
三越仙台店
三越仙台店
三越札幌店
三越札幌店
チョコレート バー丸の内店
チョコレート バー丸の内店